« 2006/09/30 響ミュージックフェスタ 終了 | トップページ | 10/15 石井聰亙監督作品集発売前夜祭 »

10/7 菊花賞 

10月7日(土曜) 菊花賞 高知 fancy labo ring 

初めての菊花賞を観るために高知へ。

腰の重い私を高知まで導いてくださったS田サンとA井サン親子にまず感謝。

おかげで16年ぶりに高知入りすることができました。

関東や九州の方が遙かに感覚的には近いという私はどこの住人(^0^*)

LIVE・・・。

まずは地元のバンド「THE STREET JAM KIDS」

俺たちに伝説なんてないけど・・。と、コメントして始まった演奏。

若い~カワイイ~元気~!!久しぶりに爽やかなバンドを観ました。

【菊花賞】

いわずと知れた柴山“菊”俊之さんと花田裕之さんのアコースティックライブです。

まずは1曲目「夢見るボロ人形」続いて「Hello Mary Lou」 「BoomBoomBoogie」

亡くなられた高知の方に捧げた「スーツケースブルース」

柴山さんの渋いお声が会場に響く響く。

5曲目になってボーカルを花田さんにかわって「ROSIE」

ゆったりと時間が流れるので16曲目あたりまでは

セットリストをきれいに記憶できていました。

サンハウスでもあまり演奏されなかったという「満たされない気持ち」あり

今回が初披露という「レイジークレイジーブルース」あり。

ご当地ソングはやっぱり「南国土佐を後にして」

客のリクエストに応えてくれたり大サービスで

アンコール&セッション含めると何と27曲のライブ!!

最期のセッションは先に出た 「THE STREET JAM KIDS」と

イベントのお世話をされた鍵山氏、そして菊花のバンド形式。

キングスネークブルース、ビールスカブセル、レモンティ~♪♪

鍵山氏の幸せそうな顔を見ているとこちらもニコニコです。

多分いろんな苦労が報われた瞬間だったんだろうなぁ。

今回のライブは写真、録画、録音等全てNGでしたので

ライブ後に一枚撮らせていただきました。

Kikuhana

サインひとつにも気を配る柴山氏、

写真を撮る際にも優しい言葉をかけてくださる花田氏。

会話は一瞬でしたが、ライブもその後も大人の魅力満載!

帰宅途中に観た月がまた絶品の「中秋の名月」

気分上々の夜でした。

(正確には中秋の名月は10月6日。1日の誤差はお許しあれ)

|

« 2006/09/30 響ミュージックフェスタ 終了 | トップページ | 10/15 石井聰亙監督作品集発売前夜祭 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、hakata-rock.net編集部と申します。
このたび12/10にZepp Fukuokaにて『博多のロックに体当たり!』というイベントを開催します!
ロックシティ博多を生んだ偉大なミュージシャン達の宴となるこのイベント、出演はSHEENA&THE ROKKETS、柴山俊之、THE HUNDREDS、HEATWAVE、ROCK'N'ROLL GYPSIES、山善BANDほか、司会は深町健二郎です。
料金は、前売¥6,000です。よろしくお願いします(^^)

http://www.hakata-rock.net/

投稿: hakata-rock.net編集部 | 2006/11/12 17:33

hakata-rock.net編集部 様

12月10日のイベント告知をいたたぎ
ありがとうございました。
実は私は既にチケットの手配も完了。
当日を待つだけの状態にいます。

スペシャルなライブになることを
楽しみにしていますので
よろしくお願いいたします。

投稿: aoi | 2006/11/13 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121211/3867443

この記事へのトラックバック一覧です: 10/7 菊花賞 :

« 2006/09/30 響ミュージックフェスタ 終了 | トップページ | 10/15 石井聰亙監督作品集発売前夜祭 »